« かれいぱん | トップページ | せかいさいそくのいんでぃあん »

2007年1月17日 (水)

こうふくなしょくたく

試写会幸福な食卓を観てきましたrestaurant

p1000184.jpg

ストーリーですが、メンドイのでHPの内容を引用しましたgawk



「父さんは、今日で父さんを辞めようと思う」―――。

始業式の朝、家族の食卓で、突然「父さん」が口にした意外な一言。

佐和子の中学校生活最後の1年は、こうして始まります。



中原家は、教師の「父さん」、専業主婦の「母さん」、兄の「直ちゃん」

佐和子の4人家族。 これといって深刻な問題はないけれど

お互いが何か“言いたいこと”を抱えたときは、必ず四人が顔を揃える

毎朝の食卓の場で伝え合う……そんなささやかなルールを

大切にしてきた家族でした。



だが3年前のある日、突然訪れた「父さん」の心の崩壊。

その日から、佐和子の家族の歯車が少しづつ狂い始めたのです。

成績はいつも学校で一番だった「直ちゃん」は大学進学を辞めて

農業をやり、「母さん」は家を出て一人暮らしを始めます。

それでも「父さん」と「母さん」は日々連絡を取り合っているし

毎朝の食卓は健在。そんな危ういながらも淡々と続く家族の日常に

新たな波紋を投げかけた「父さん」の一言。いったい、どうなって

しまうんだろう?



高校受験を前に小さな心を揺らすそんな佐和子の前に現れる

転校生、『大浦くん』。 彼の存在は佐和子にとって次第に大きな

ものになって行くのですが―――。

崩壊した家族を健気に支えてきた佐和子の身に起こる突然の悲劇。

しかし皮肉にもその悲劇により、家族は再生への道を歩み始める

のでした・・・。



しゅうたろうの感想ですが、特に盛り上がる部分もなく、物語が

淡々と進んでいく。 そして最終的には これだsign01と言う

結果はなく、観てる人に考えさせる様な作りになっていましたflair

ただ途中途中に家族の在るべき姿はこれでいいのか?自分は?と

考える部分があり、観る事が出来てよかったと思うwink

とくにしゅうたろうが、この映画を観て、それが出来る家族に

なれたら、いいななぁ~と感じた部分は、家族全員が顔を

揃っえて食事restaurantをする部分と、言いたい事はちゃんと家族に話を

する部分かなshine本当なら凄い難しい事ではないけれど、今のの

家庭では難しいはず。 それが出来る家族はとても素敵だと思う

しゅうたろうは、ちょぉ~憧れるぞぉ~lovely

しゅうたろう100点中70点くらいの満足度でしたnote



この映画は、1月27日(土)~ ロ~ドショ~ ですmovie

冷めた家族は、この映画を観てみると改善策がわかるかもhappy01

当然ですが保証はないけどねlovely

p1000185.jpg


p1000186.jpg


p1000187.jpg


p1000188.jpg

« かれいぱん | トップページ | せかいさいそくのいんでぃあん »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1340244/33581686

この記事へのトラックバック一覧です: こうふくなしょくたく:

« かれいぱん | トップページ | せかいさいそくのいんでぃあん »